ダイヤモンド買取に必要なもの

ダイヤモンド買取に必要なものとは

高級品を買取り専門店に出すという事までは決まっていても、必要なものが何であるのかが明確でなければ、準備のしようもないですし、査定までの手続きにてまがかかってしまうので、ダイヤモンド買取をしてもらう時に必要なものは何なのかを説明します。古本や古着などを売った経験がある方はご存知の方も多いでしょうが、何らかの商品をお店に売るときには、身分証明書なのが必要なのが一般的なのですが、ダイヤモンドの場合には、それよりも必要なものが多くなります。

ダイヤモンドは古物営業法という法律に基づいて有効期限内に必要なものを提示しなければならないという決まりがあります。必要なものは何なのかと言うと、運転免許証や各種保険証、パスポートや敬老手帳、外国人の方であれば外国人登録証明書、住基カード、省略のない住民票の写しや印鑑登録証明書などが必要で、これらは現在の住所の確認ができる身分証でなければ有効にならないため、注意が必要です。身分証については店舗により異なる場合もあるので、自分が買取ってもらいたいお店の規定にあわせた身分証が必要な為、ここに記載してあるもの以外でも必要なものがあれば、持参する事が必要となります。これらは宅配買取りなどの場合でも必要で、この身分証明ができるものがない状態で買取りをしてもらうことはほとんどできないので、お店に出向く場合や宅配の買取りの場合でも、確実に用意するようにしておく事が大切です。

ダイヤモンドを買取りしてもらうのに実際に必要なものが一体何なのかをしっかり確認し、どのような買い取り方式を利用する場合でも書類漏れのないように確認をしておくと良いです。また、個人ではなく法人でのダイヤモンド売却を希望の場合には、会社の全部事項証明書や、法人の印鑑証明書などが必要になり、担当者もしくは代表者の身分証のコピーが必要です。担当者が代表者ではなく、社員の場合には身分証のコピーの他に会社との関係が判明するものを提示する事が必要で、場合によって会社への同意確認を業者からとってもらうという形になるので、確実に企業代表の方の許可があった方が良いです。

このように、数々の書類というものがダイヤモンド買取りには必要ですから、十分な書類とダイヤモンド製品を用意し、確実な取引きができるよう、個人で注意をすると良く、鑑定価値を上げるものとしては付属品や鑑定書などになるようなので、こういったものもあるのであれば、忘れずに持参するとベストです。

PRサイト




金買取宝石広場 ダイヤモンド・色石・ブランドジュエリー専門ブランド

ダイヤモンドの高価買取の宝石市場

金買取業界最高水準の金・プラチナ・ダイヤモンド買取